何も知らずに風俗に行くのも楽しいですが、逆に知らないと楽しめないこともたくさんあります。体験談と合わせて紹介しますのでご覧ください!

風俗について調べてみる

待ち合わせ型で買い物していくのが好き

待ち合わせ型のデリヘルが好きですね。他の風俗だと、かわいい子を連れて歩くとかできませんから。短い距離ですけど。だいたい駅とかコンビニ前とかで待ち合わせをして、歩いてホテルに向かうので、コンビニで一緒に買いだしをしてもらいます。嬢が何か飲みたいものとかお菓子とか食べたいものがあったら、一緒に買ってあげて。ホテルも、近い場所に何軒かあれば嬢が選んだホテルにしたり、部屋も嬢に選んでもらったり。たったそれだけのことなんですけど、これからこっちのワガママをいくらかきいてもらう前に、嬢のちょっとしたリクエストをきくことで、少し点数稼いでおこうみたいな(笑)。それすらもめんどくさそうにする嬢は、リピートしないですね…。プレイ時間に含まれないとは言え、会ってる間くらいは最低限の愛想くらいはほしいなって思ってしまいます。プレイも大事だけど、最後は人間性だと思っているので、やっぱり愛想が良くてニコニコしてくれるタイプの嬢を選んじゃう傾向にあるみたいです。みんなそうだと思ってるけど、違うのかな?

流行り始めた当時のデリヘルは斬新だったが

あんまり風俗のない地域で育ってきたので、風俗だとソープランドくらいしか知りませんでした。進学と就職で出身地よりもずっと都会の博多に出てきて、いろんな風俗店があるっていうのを知って、当時はかなりびっくりしました。初めてその手の店を使ったのはちょうどデリヘルが流行り始めた時で、女の子が来てくれるっていうのが斬新だったんですよね。まだ今のデリヘルほどジャンルが細かく分類されていなくて、チェンジするのも怖かった思い出があります。最近も時々デリヘルを使いますが、当時と比べると本当にレベルが上がってるなと思います。だってこの5年はチェンジしたことないですから。自分の守備範囲が広いのかもしれないですけど、これはダメだ!っていう子に当たってないんです。ルックスがちょっと…とか顔はいいけどプレイが…っていう子はたまにいますが、次はないなってだけで。この間使った時なんてフリーだったのに、かなりかわいい子をまわしてもらえましたからね。もっと利用頻度が高くなれば、ハズレも多くなるのかもしれませんけど。
博多 デリヘル


仕事帰りは人恋しくなる

近所の小料理屋に行くのがちょっとした習慣になっているんですけど、ある時立ち寄ろうとしたら臨時休業。飲食は自宅で済ませるとしても、やっぱり誰かに会いたいなあと思って、コンビニに立ち寄ったら風俗雑誌を目にしました。デリヘルでも呼んでみるか、と珍しく思いついたので、コンビニで食べ物や飲み物を買い漁るついでにデリヘルに電話。自宅に向かうところをUターンして、ホテルに行きました。風俗なんて久々だったのでちょっと緊張しましたけど、Fちゃんが来てくれて少し話したら緊張もほぐれ、ベッドに入ってからは結構ハッスルできましたね。このFちゃん、かなりフェラが上手で、最後は素股かなって思ってたんですが、69を挟んでもう1度フェラでフィニッシュさせてもらいました。女性に口内射精したのなんて何年ぶりだろう(笑)。買っておいた飲み物をFちゃんにもわけて、残った時間は少し雑談。やっぱり仕事が終わってからは誰かと一緒に過ごす時間があると嬉しいものですね。結婚しろよって話なのかもしれませんが。


カテゴリー